太陽光発電

蓄電池を置くと電気の単価が下がる!?

省エネ、創エネの時流の流れの中で、太陽発電の普及が進んでいます。
 原子力から、自然エネルギーへの転換という大きな目的の下で、設備への補助金、余剰電力買取りの単価設定によって、政策的にも強力な後押しがありました。

 太陽光で発電された電力のうち、自宅で消費しなかった分は、いったん電力会社が買い取り、それを他の過程などに販売するのが順序になっています。
 そこで注目するのが、電気の単価です。
 普通の商売では、安く仕入れて、高く売る、その差額が利益になりますが、仕入れた値段より安く売っては、仕事になりません。
 しかし、発電設備に投資した家庭の負担を、広く社会で分担する意味で、家庭から買う値段のほうが、それを売るよりも高く設定されているのです。
 
この買取価格は、蓄電池を設定すると下がるようになっています。発電している家庭で蓄電せずに、余剰分は常に買取りの対象になっていれば、それは社会的に発電所と同じ意味合いを持つ、公器といえますが、蓄電設備があるということは社会は、常にそれを利用することはできない為です。
 逆に、家庭からすると、蓄電池があれば、発電によって、電力供給が途絶えた時の備蓄ができます。
 太陽光発電の目的を、社会貢献と考えるか、非常時の自宅の備えと考えるかの違いによる、買取単価の違いということができそうです。 

 

サイトマップ

太陽光発電の相場 太陽光発電の補助金 太陽光発電の価格相場 導入の理由 保証 ソーラーパネル 発電量と気候 メリット 太陽光発電で元はとれる? 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電の価格 太陽光の発電効率 太陽光発電の仕組み 太陽光発電の蓄電 太陽光発電は停電時どうなる 太陽光発電の発電量 太陽光発電の問題点 ソーラーフロンティア パナソニック サンヨー 京セラ 三菱 シャープ カナディアンソーラー サンテックパワージャパン ミツウロコ 太陽光発電エコ 太陽光発電屋根 太陽光発電メーカー 太陽光発電温暖化 太陽光発電停電 太陽光発電補助金 太陽光発電価格 太陽光発電業者 太陽光発電売電 太陽光発電夏 太陽光発電オール電化 太陽光発電に関する口コミ 形状 形状2 結晶型 薄膜型 強度 セル 真南 交流 売電 屋根発電 阻害 交換効率 電量 特別法 低価格 賦課金 特措法 全量買い取り 引越し エコメガネ i アルミ 地域 デメリット 発電 素材 価格 メーカーと素材 寿命 熱と光 施工 キャンペーン情報
ナンパのテクニック